葉酸を摂ると良いことたくさん

葉酸について知りましょう。

どんな人が葉酸を摂ったほうがいいのか

どんな人が葉酸を取ったほうがいいのかは、葉酸が不足すると起きる症状や危険と照らしあわせることで分かります。

妊娠中・妊活をしている人

葉酸には造血作用があり、血を増やすことで月経不順の予防や改善をすることが出来ます。
また、子宮内膜を好環境に整えて着床を促し、妊娠しやすい体をつくることも確認されています。
しっかりと強く着床させることで、子宮内膜から受精卵が離れてしまう化学流産を防ぐ効能もあるのです。
着床に成功して妊娠すると、赤ん坊は細胞の生成や分裂を繰り返して大きく成長していきます。
この細胞の増殖に必要な成分であり、同時に増殖を促進させるのが葉酸なのです。
葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんの健康な発育が期待できます。
しかし葉酸が不足すると細胞の分裂が不十分になります。
特に神経管の発育が悪く、神経組織が正常に形成されない先天異常である神経管閉鎖障害を誘発する可能性が高まるのです。
神経管閉鎖障害には無脳症やADHD、二分脊髄、運動機能障害など様々な症状があります。
これらのリスクを減らすためにも、妊娠中の人や妊活中の人は、葉酸を摂取したほうがいいでしょう。

貧血気味な人

一般的に貧血というのは、鉄分が欠乏することで発生します。
赤血球の中にあり、酸素と結びついて全身に酸素を運ぶヘモグロビンの生成には、鉄分が必要になります。
鉄分の摂取が不十分だとヘモグロビンが減少し、酸素が必要なだけ運ばれなくなるため酸欠となり、貧血の症状が表れるのです、 しかし葉酸が足りない場合には悪性貧血が引き起こされます。
悪性貧血は、葉酸が不足することで赤血球が正常に形成されなくなり、数が減ったり、巨大化することで発症します。
巨大化した赤血球は酸素を運ぶ能力に乏しく、体が酸欠になることで、眩暈や立ちくらみを引き起こします。
鉄分を摂取しても貧血の症状が治まらないときは、悪性貧血を起こしている可能性があるので、意識して葉酸を摂取してください。