葉酸を摂ると良いことたくさん

葉酸について知りましょう。

薄毛に悩む人は葉酸を飲もう

薄毛に悩んでいる人がいたら、男女を問わず、葉酸を摂取することをお勧めします。
葉酸には薄毛の予防・改善を促す効果が期待できるのです。
髪の毛が生成されるのには「毛乳頭」と「毛母細胞」が重要になってきます。
この二つはいわゆる毛根と呼ばれる部分です。
中心に毛乳頭があり、その周りを毛母細胞が囲んでいます。
毛乳頭に血液を通して栄養や酸素が運ばれ、それをエネルギー源に毛母細胞が細胞分裂を行います。
この細胞分裂によって髪の毛が生成され、長く伸びてゆくわけです。
つまり薄毛の予防や改善には、細胞分裂と、血液からの十分な栄養が必要になるのです。

葉酸は細胞の核である「核酸」が造られるのに必要不可欠な栄養素です。
葉酸を摂取して細胞の核を生成することは、活発な細胞の増殖や分裂に繋がります。
細胞の代謝が促され、細胞分裂がスムーズ且つ頻繁に行われれば、髪の毛の生成を補助することが出来るのです。

また葉酸には、髪の毛の成長に欠かせない血液を増やす効果もあります。
葉酸はビタミンB群と共に摂取されることで、補酵素として赤血球の生成に携わります。
赤血球が増えることで貧血を防ぐ効果が期待できます。
さらに葉酸には、肝臓から血中に流れてしまうアミノ酸の一種・ホモシステインを、別のアミノ酸へと組み替える働きもあります。
血中のホモシステインが増えると、それに比例して遊離ホモシステインも増加していきます。
遊離ホモシステインは、血液の凝結を抑える血管内皮細胞の活動を妨げるため、数値が増えすぎると血液をドロドロにしてしまいます。
ドロドロの血液は血行を悪くするので、栄養や酸素の運搬がスムーズにいかなくなります。
しかし葉酸がホモシステインを分解することで、血管内皮細胞が正常に機能し、血液の凝結を防ぐことが出来ます。

造血とドロドロ血液の改善・予防により、血行がよくなり、頭皮にももちろんよく血が巡るようになります。
血液からしっかりと栄養や酸素を受け取ることで、毛母細胞の分裂が活発になり髪が生成されやすくなるため、薄毛の改善効果が期待できるのです。